和歌山でSUP 和歌山・三重の旅①

1週間の休みを使って、今回は三重と和歌山へ。

目的はもちろんSUP。川下りをメインに考えつつ、海でも漕ぎたい、という感じで行きました。

まずは和歌山県へ。せっかくの和歌山なので、本州最南端まで行きました。

本州最南端 潮岬

これで最南端と最西端をおさえたので、あとは最北端と最東端。いつか行こう。

そして近くには紀伊大島という島が。これもせっかくなので行ってみました。

正直これといって感動はありませんでした(笑)トルコ記念館ってところがあったのと灯台から海が見れるってくらいですね。

トルコ記念館

昔トルコの軍艦が紀伊大島の近くで遭難し?島民が救助活動を行ったみたいです。多くの船員が亡くなり、紀伊大島に埋葬されたみたいです。それからトルコとの繋がりが深い町になっているということです。

紀伊大島の沖合は船の操縦が難しいらしいですね。波荒そうですよね。。。

それから本題のSUP。まずは川へ!!

古座川という川を下ることに。ちなみに今回は折りたたみ自転車を持ってきたので、ゴール地点にチャリを置いて、スタート地点に車を置いて始めました。帰りは車までチャリで頑張ります。

スタートは道の駅一枚岩。

ゴールはそこから道路の道のり2.5㎞くらいのところ。ちょっと短い距離でしたが。実はここに来る前の観光に時間を思いのほか使ってしまい、、、短くしておきました。日が暮れたら川は寒そうだし。

今回のルート

めっちゃ近いと思いきや川はくねくねしてるので意外にも6㎞近くもありました。チャリを漕ぐ時間を短くするってけっこう大事かもしれないなと思いました。スタート地点に戻るのがめちゃ楽でした。ショートカットしてることに満足してしまいますね。

めっちゃ清流

川は、それほど厳しい瀬もなく、比較的ゆっくりと進んでいきました。この日は一度も落ちることなくゴールまで行けました。1時間かからずゴールということで、「もうちょいやりたいな」と思ってしまいますが、SUPに関してはこれくらいで終わっておくのが良いと思っています。疲れたら危ないことありますからね。

そしてこの日の川下りは終了。しかし思ったよりも全然早く終わってしまったので、別の場所を探すことに。

次の日は三重に行く予定だったので三重方面へ。道の駅たいじというところに止まって考えていたら、「この海いけそうだな」と思い、SUPを膨らます。

すると、、、男の人に声を掛けられて、

「警察ですが、」

うわー最悪だ。SUPできないのかーせめて膨らます前に言えよーと思って

「この海入っちゃいけないんですか?」と聞いたら、

「全然大丈夫なんだけど、反捕鯨団体がけっこう来ることがあってね、」

「その人たちと間違えられないように気をつけてね!イルカの生簀には近づかないほうが良いよ!」

と親切に教えてくれました(笑)

たしかにクジラの町って書いてありました。後で見たらクジラ丼とかクジラ料理をかなり推してる町でした。

そして海へ。

入る場所も良い

なかなか入りやすい場所で「SUPのためにあるような場所」でした。道の駅から道を渡ったところにあります。ここで1時間ほど漕いできました。そこで今日のSUPは終了。このあとは近くの温泉に入って、ご飯食べて、別の道の駅で車中泊、の流れでした。この辺りは道の駅が多くて、安心でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です