台湾 観光の意外と外せないところ

梅雨が明けません。なかなかSUPに行けない日々です。今日は台湾について。
私は台湾には3回行ったことがあります。台湾は日本から近く、LCCで行けばめちゃくちゃ安く行けるという、絶好の観光地です。特にバニラエアがセールをやってるときに買うのがおすすめです。あとは行く時期ですが、断然冬がおすすめです。年末年始を台湾で過ごしたことがありますが、昼は長袖のTシャツ1枚でオッケー。夜も上着1枚あれば余裕です。一度7月の終わりに行きましたが、暑くて倒れそうでした。日本よりも気温が高くて更に湿度も半端ないです。メジャーなとこもマイナーなとこも行きましたが、今日はその中でも特に印象が強かったものを紹介します。


・やっぱり定番の九份

・臭豆腐は無理!

・苦茶は意外と好きかも


最初に九份。台湾と言ったら外せない観光スポット。私は台湾3回のうち2回行きました。電車とバスを使って行くみたいですが、ラッキーなことに私の台湾人の友達が車で連れて行ってくれました。車だとめっちゃ快適です。参考になりませんが(笑)

良くも悪くも、とっても想像通りです。「あ~千と千尋っぽいなー」とは思いましたが正直そこまでの感動はなかったです。ごめんなさい九份。
九份から車で40分くらいのところに十分という場所があるんですが、ここでは灯篭みたいなのを空へ上げることができます。

こういうのです。ぶれぶれですが。願い事書いて気球みたいに空へ上げるやつ。願いは叶いませんでしたが、なかなか面白い経験でした。

九份、十分と来たので気になったのが、八分はないのか?ということ。台湾人の友達に聞いたところ、份と分で漢字が違うのは由来も違うから。九份の份は家とか家庭の意味。九份はもともと9個の家しかなかったらしく、それが九份の由来だと教えてもらいました。十分については、由来は知らないが九份とは違う意味なのは間違いないらしい。ということで、八分はないらしい。。。京都の一条二条的なやつかと思ったけど違うんだ。

次に臭豆腐。これは衝撃でした。

串にささってる揚げた豆腐にたれをつけて焼いたやつです。たれが臭いです。今まで食べた中で一番臭いです。以前くさやを食べたことがありますが、それよりも衝撃が大きかったです。台湾の屋台では臭豆腐のにおいが常にほんのりとしていて、日本人なら臭豆腐を食べたいとは思わないでしょう。でもあえてチャレンジしてきました。一度は体験しとかないともったいない気がして。まあ正直ビビっていたので台湾人の友達が買ったのを一口頂いただけですが。
一口で十分。
というか大きくいき過ぎたのを後悔。その後1日自分が臭かった。これは予想ですが、私が臭豆腐を食べたのは新北市というところ。台北の隣りの市です。観光客の多い台北よりもより本場の臭豆腐を食べてしまった気がします。もう食べません。


最後に、苦茶。調べたらいろんなところで飲めるみたいですが、私はその存在をまったく知りませんでした。龍山寺の近くの屋台で売ってます。1杯80円くらいです。コップになみなみ注がれてます。台湾人の友達に勧められ、「暑いときにはすごく良い」というので飲んでみました。感想は、


とにかく苦い。

名前そのまんまです。史上最苦です。でもこれは、臭豆腐みたいに「二度と飲むか!」とはなりませんでした。実際3回台湾に行って、3回苦茶をいただきました。苦いし、まずいけど、もう一回飲みたくなる、不思議な飲み物です。もちろん「二度と飲むか」の人もいます。一度味わってみてください。

だいぶ台湾に慣れましたが、まだまだ台湾に行きたいと思っています。知らないところもかなりあるので、今年も行きたいなーと思っています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です