静岡~松山~宇和島  四国旅①

7月28~8月1日 夏休みを使って四国に行ってきました。目的は四国の川をSUPで下ること。四万十川や吉野川をSUPで楽しみつつ移動手段にもしてしまおうという計画で。荷物を持って川を下っていくので、荷物は極限まで少なくして行ってきました。

1日目

どうやって四国まで行こうか悩みましたが、結局一番安い方法、青春18きっぷを使って特急無しで行ってきました。朝静岡を出発して松山まで、着いたのは夜の8時過ぎでした。電車に乗り続けるって想像より疲れますね。ホテル行って即寝ました。一日目は移動のみで終了。

2日目

松山~宇和島

6時起床

松山といえば道後温泉へ。とりあえず有名どころを押さえていこうと思い行ってきました。

7時オープンの直後に行けて結構すいてました。凄く古い建物で、雰囲気も良かったです。

ホテルに戻り、宇和島へ出発。松山駅の近くの一六本舗で一六タルトを買って電車で頂きました。柑橘の香る美味しい和菓子?的な味で何種類かありましたが、ノーマルのと、抹茶を頂きました。

電車で3時間ちょっと、宇和島到着です。道中は「こんなとこを電車が通るのか」となんだか冒険してる感があって楽しかったです。

松山~宇和島 電車の中から

他にも男はつらいよのロケ地の下灘駅が途中にあって、みんな写真撮りまくってました。ちょっと、降りればよかったかなと後悔。

着いたのが13時30分くらいで、ホテルのチェックインには早すぎたので、荷物だけ置かせてもらい、まずは近くの龍光院というお寺へ。

龍光院
龍光院

なんとなく行ったお寺でしたが、ここでありがたいことを学びました。

『お遍路って88箇所じゃない!』こう言うと語弊があるのかもしれませんが、実は88箇所の他に、別格と言って、別に20箇所があるらしい。

あわせて108個、煩悩の数と同じになるんだよ、とお寺の掃除をしていたおばさんに教えていただきました。なかなかの衝撃でした。

それから宇和島城へ。道中は緩やかで長い道と急で短い道を選べます。私は迷わず急な方へ。

宇和島城へ続く階段
宇和島城へ

お城もお寺もそんなに興味のある分野ではないのですが、時間潰しということで。ここで知ったのは、

『日本には現存している天守閣が12個』だということ。そしてこの宇和島城もその中の1つ。

宇和島城天守閣
宇和島城天守閣
宇和島城から
宇和島城からの眺め

天守閣よりも眺めに感動してしまいましたが。

宇和島って四国の中でも昔から交通の便が悪く、近くの都市である松山、高知から人や文化が伝わってこなかったらしい。それでも宇和島が独自の文化を発展させて他の都市に引けを取らない町になれた。そういうところが日本の歴史の面白いところだと、宇和島城の展示室みたいなところに書いてありました。「なるほど~」と思いました。たしかに松山からの電車は凄い所通ってたし、宇和島~四万十の電車も凄い道だったので、納得です。人が歩けるところじゃない(笑)海が近いっていうのも宇和島の発展を助けたんだろうなと思います。山に囲まれてるだけだと完全にシャットアウトされている状態ですから。

宇和島城の後は宇和島名物の鯛めしを食べに。

宇和島の鯛めし
鯛めし。海賊がこうやって食べたのが始まりらしい

卵かけご飯+鯛みたいな感じでした。めっちゃうまいです。卵の器に入っているたれが絶妙に美味いです。もうちょっと鯛増量して欲しかった気もします(笑)

そしてようやくホテルにチェックイン。すぐに宇和島の海でサップ!

宇和島SUP
宇和島でSUP

川の河口から入り、1時間ほど漕いできました。海にはクラゲがたくさんいたのと、三匹くらいエイを見ました。。。落ちたら大変なことになると思い、真剣でした。特にエイは初めて生で見ました。刺されたらヤバいんだろうなあと思いつつ、過去最高に慎重に漕いで行きました。


宇和島は夕日が綺麗らしく、海の上から見たいなと思いましたが、あいにくの曇り空、、、

今日はついてなかった。

そんな感じで二日目終了。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です