三峡ダムは大丈夫か?

最近続いている雨は私をかなりイラつかせておりますが、どうやらこの雨による被害は中国に最も集中するようです。

たまたまネットで見た情報でした。中国の長江にある三峡ダムが決壊の恐れがあると。。。

長江といえば中国だけでなくアジアで最も長い川であり、世界でも第3位の長さの川です。

そんな長江にある世界最大の水力発電ダムが決壊したらどうなってしまうんでしょうか?

長江沿いには重慶や荊州、南京、上海といった日本でもよく知られているような都市が多くあり、それらの都市を洪水が呑み込んでしまうとなったら、半端ない被害が出てしまうんじゃないか?と思ってしまいます。

いろいろと調べてみると、6億人に被害が及ぶとか、被害総額が1.6兆円とか、汚染された海水が九州に流れ込むとか、その汚染のせいでしばらく海産物が食べられないとか、とんでもないのが出てきました(笑)。まあ中国という巨大な国なので、日本と比べたらスケールが違いますね。どこまで本当のことになるのか分かりませんが、チェックは欠かさずにいこうと思います。

三峡ダムに変形が見られた、もう少しで最大水位に到達する、いろんな情報がある中で興味深かったのは、アメリカ軍が中国と戦争になったら三峡ダムを狙うだろうっていう話。

ということは、やはり絶対に壊れてはいけないダムであり、中国にとって最も大事にしなければならないダムであるということ。中国としては何としても三峡ダム崩壊だけは避けなければならない事態です。とはいえ最近の雨は日本でも強烈です。日本よりも西側にある中国ではそれ以上の大雨が降っているそう。中国では毎年のようにこの時期に大雨が降るようですが今回の雨は別格らしいです。なんとか耐えてほしいです。

【追記】

長江沿いには複数の原子力発電所があり、それらに影響が出る恐れも。さらに、中国政府は三峡ダム決壊を回避するために放流を開始しているそう。この放流によって下流の町の洪水はさらに深刻なものに。ダムの水位のコントロールのために下流の町を犠牲にしなければいけない状況、かなりマズいと思います。7/26現在日本でも再び大雨が降りました。中国でも同じ雨が降っているのなら、非常にピンチなんじゃないでしょうか。コロナのときと同様に、事態が隠し切れなくなって発覚してしまうようなことは避けてほしいと思います。

日本人は良いイメージがあまりない中国。私もそんなに好きではありません。でも長江とか万里の長城とか黄龍とか黄山とか、意外と行ってみたい観光地は多かった。コロナが無ければ今年行ってたかもしれない中国。今回の洪水で大きな被害にならないよう願ってます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です