宮島+錦帯橋 (西日本旅③)

下関に泊まった後は広島方面へ。最初は山口県の錦帯橋。

お年寄りの多い観光地な印象ですが、私でもちょっと感動しました。どうやって造ったんだろ?って気になってました。川にかかる橋なので、今思い返すとやはりSUPと結び付けて考えてしまいますが、けっこう浅かった記憶があるので厳しいのかな。

錦帯橋 なんのためにこの形にしたのかな?

近くには岩国城があり、昔の風景が残っているかのようでした。戦国武将には詳しくないので岩国城に誰がいたのかは知りませんが、この地域にいたのは幸せだったろうなと思いました。

錦帯橋の後は広島へ。宮島を目指しました。

今はSUPにハマっている私なので、宮島でSUPをしてみたいと思ってしまいますが、当時は普通の観光をしてきました。本当に今思えばもったいないですね。

宮島へ行くにはフェリーに乗ります。一応JRでした。フェリーの値段もそうですが、駐車場の値段が高かったことに驚きました。。。

かなり人気の観光地ってこともあるんでしょうが、ちょっと厳島神社を見たいだけの私に1000円は高かったですね。近くには広島焼のお店なんかもありましたが、観光地近くのお店は個人的に避けるようにしているので回避。なんか観光地ってだけで少し値段上げたり、味が疎かになるってイメージがあるんですよね。もちろんそんな中にも良いお店もあるんでしょうが。

フェリーで宮島へ渡るとすごく素敵な景色が。

鳥居のイメージ強かったけどそれ以外も魅力的でした。

ただ宮島へ渡って帰ってきただけでしたが、観光地を一つ見終えたということで満足してました。次に行くことがあれば鳥居までSUPで漕いで行きたい。

宮島を出てからは、せっかくの広島ということで広島焼のお店を探しました。たくさんあって迷いまくりましたが、最終的に『お好み焼き 善さん』というお店で広島焼をいただきました。初の広島焼だったので全然知らなかったのですが、麺はうどんとそばが選べるという。私はそばでいただきました。野菜たっぷりでとても体に良さそうで、なおかつ量があるのでお腹も満足な、完璧な食でした。

それからは一直線に静岡へ帰りつきました。広島から7時間半くらい。なかなかしんどいドライブでしたが、中国地方をけっこう楽しめた良い旅だったなと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です