セリエA 第5,6節 トリノ戦 フィオレンティーナ戦

ミラノダービーは惨敗してしまったミラン。私はDAZNしか入っていないので見れなかったのですが、見れなくて良かったのかも。ハイライトでもミランのチャンス全然なかったし(笑)

今回はトリノ戦とフィオレンティーナ戦。

トリノ戦は、前半はイケイケ、後半にまさかの逆転劇。なにか負のスパイラルの入り口を感じました。まあその前にミラノダービーから始まってたんですが。ベロッティのシュート、芯とらえすぎてるし。あんなシュート5回に1回くらいしか蹴れないでしょ(笑)

トリノ戦はベロッティの好調さに負けたと思い、次節フィオレンティーナ戦は大丈夫だろうと楽観視していたのですが、、、

まさかのチンチンワンサイドゲームに。あのモンテッラのチームに対してなす術無し。後半はチーム全体にあきらめムードがあって、内部崩壊するんだろうなっていうチームに。レオンの維持の1発にはこれからを期待してしまったけど、それ以外に良い所なし。ここまで悪いミランを見たのは久しぶりだ。

6戦で2勝4敗。だめだめなミランですが、私だけでしょうか、12-13シーズンのミランと被って見えてします。イブラヒモビッチ、チアゴシウバをはじめレジェンド達が一斉に退団した後のシーズン。当時監督のアッレグリはシーズン序盤からフォーメーションを弄り続け、ようやく最適解の4-3-3を見出し、冬にバロテッリを獲得してシーズン3位フィニッシュしたあのシーズン。あの年の序盤もとっても酷いチーム状態が続いていました。同じ場で学んだというジャンパオロとアッレグリ。なんとかここから這い上がってほしい。あのときのミランは連動性のある面白いサッカーをしていたので。もう少し我慢してジャンパオロを信じよう。

まああの時と違うのは、経験あるベテランが圧倒的に少ないこと、そしてベテランの発言力。あの時はアンブロジーニがベテランとしてチームをまとめていたけど、今のベテランって言ったらビリアとレイナくらい?ちょっと物足りない。若いチームだから崩壊も早いのかなとも思ってしまう。だから早めに立ち直ってほしい。

そういう意味で次の2戦はめちゃくちゃ重要な試合。ここで勢いをつけて上位勢との戦いに臨めるか、崩壊して上位に叩きのめされるか。下手したら最下位も見えてきてしまうスケジュール。乗り越えたい。

次節ジェノア戦。ピョンテクとスソの古巣ですが、、、

いったん彼らは外して考えてくれないかな。上手くいってない要因であるのは間違いないし。レオンの活躍が見たいし。なにより結果だけじゃなく内容も求められる試合だし、勢いを大きくつけてほしい。その意味でスタメンは大きく変えてほしい所。

踏ん張れ!ジャンパオロ!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です