木崎湖 冬のSUP

最近雨多いですね。明日も雨っぽくてSUPできない感じです。なので過去の良かったSUPスポット紹介します。
今年の年始。海外の方のインスタを見ていて、冬でもSUPできるんじゃないかと思い、攻めに行ってきました。雪の中のSUP、映えるなーと期待して向かったのは、『木崎湖』長野県です。白馬です。
朝5時に家を出て、友人と2人で長野へ。静岡からだとだいたい4時間くらいで到着です。ちなみに友人は木崎湖から近いスキー場、鹿島槍へ。
まず木崎湖のどのあたりから入ったかというと、

この辺り。車を停車できるスペースがあり、湖にも入りやすそうだったのでここにしました。もっと良い場所もありそうでしたが、早くSUPしたい気持ちに焦らされました(笑)早速膨らまして、湖INしました。
真冬ということで、装備は抜かりなくいこうと思い、いろいろと考えました。まずは服装。私はウェットスーツを持っていないので、とりあえずスキーウェアで挑みました。もちろん中はスウェット、ヒートテックでぽかぽか状態にしました。この時点で湖に落ちたら終了だというのがお分かりかと思います(笑)そして意外と大事なのが靴。木崎湖に行く前に寒い中でのSUPがどれほどのものか、11月中旬に早朝の本栖湖へ行ってきました。その時は夏用のリーフシューズ(通気性と軽さは抜群)を履いていたんですが、完全に失敗でした。そして結論を出しました。『これは長靴だな』と。木崎湖へ挑むにあたり、ゴムの長靴を買いました。あとは雪が降っていたので顔対策でマスクとニット帽とネックウォーマー。そしてスノボー用の手袋を着用し、準備万端。

素晴らしい銀世界の中でのSUP。めちゃくちゃ良かったです。最初は。
この写真は始めたばかりの頃。この日は徐々に風が強くなっていってしまったんです。

こんな感じです。なんか海っぽい(笑)一時避難しました。風が収まることを期待して、しばらく散歩してました。

近くに神社ありました。雪と昔の建物って絶妙にマッチしますよね。だから冬の京都は良いのか、なんて考えてました。しかし全然収まらない風。どうしようかものすごく迷いました。ここで断念するのか、近くに温泉もあったりで誘惑される。しかし、私は勝ちました。そうそう来ることのない冬SUPをしに来たんだと思いなおしました。なんとか落ちないように、でもしっかり進めるように、真剣に漕ぎました。まさしく真剣でした。そして反対岸までたどり着き、木崎湖を制覇したと心で思い、引き返しました。

気付けば天気もかなり良くなっていて、最高の景色を見ることができました。めちゃくちゃ危険だし、寒いし予想通り誰も湖にはいなかったけど、『冬SUPやる価値あり』です。誰も見ることのない景色を独り占めしてる感じがして、SUPの新しい魅力に気付いた瞬間でした。次の冬も絶対に一度はやっておこうと思います。ただ、安全上2人以上で行くのが良いかと思います。本当に落ちたら終わり、というのは常に思いましたので(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です