日本VSウルグアイ

日本の2戦目。相手はウルグアイ。初戦で大敗してしまったので最低でも勝ち点1は取らないと勝ち上がれない。でも相手はウルグアイ。
親善試合では勝ったりしてたけど、今回はコパアメリカなのでかなり厳しい。コパアメリカの南米の国は本気ですからね。一方的に押し込まれる展開になると予想しました。運良く先制でもできたらチャンスありますが。。。

と思っていたら先制は日本。柴崎のサイドチェンジから三好がラクサールを振り切ってゴール。ラクサールが足を痛めていたのもあるけど、良いシュートへの持って行き方だと思いました。
先制してからは俄然面白くなりました。ウルグアイの本気の攻めを日本が耐える。もう少し同点弾を遅らせたかったけど。PKで同点に。今日の試合を見て改めてファールを貰うのが上手な選手がウルグアイには揃っていると思いました。スアレス、カバーニはホントに厄介な相手ですね。この2トップは常にポジションを自由に動かして、どちらかを生かそうとする、何か阿吽の呼吸的なものを感じます。
この後試合を動かしたのはまた日本でした。サイドからのクロスに岡崎が潰れてこぼれを三好。中の枚数は少なかったけど運よくこぼれてきた感じ。ポジショニングも良かったけど、その前の中島のためが見事でした。内を切ってくる相手に対して外の味方を使ってフリーでクロスを上げさせる。中には岡崎と三好の2枚しかいなかったけどあの場面では最高の選択ができていました。
この後はまさしく防戦一方。同点弾を再び決められてからも、さらに攻め続けられました。マイボールをキープできる時間も少なく、かなりしんどい時間が続きます。こういうときに落ち着いてボールを回せたり、前線でキープできたりするといいんですが、なんといってもウルグアイの圧が半端じゃありませんでした。
結果は2-2のドローでしたがチリ戦のように大差がついてもおかしくないくらの力の差はありました。ただチリ戦よりも前線の4人がより積極的で、かつサポートも近くでできていたので、内容はチリ戦よりも上がってきていると思います。何より先制点が大きかった。ウルグアイ相手にビハインド取られて戦うのはほぼ負け決定だと思っているので。あとは中島がエリア内で倒されたシーンでファールが欲しかったかなと。前半のPKとの帳尻合わせはしてくれなかったのが残念。まあ相手もクロスバー2回当ててるし、負けなかったことがラッキーとも言えますが。ともあれ予想していたよりもずっとレベルの高い試合を見れて良かったです。2位以内でのグループ突破は厳しいけど次勝てば滑り込むチャンスはあると思うので、期待です。今日は時間的にも状況的にも厳しかったけど、久保君がやってくれるところを見たいと思います。
今日の試合ですごいなと思ったのはウルグアイの意識の統一具合。スイッチの入り方が全員同じような感じで、カウンターをするときとか、コーナーのときとか、『絶対に点を取る』みたいなタイミングを全員が共有してますよね。それでいて力を抜くときには抜いている。日本にはできていないことだと思いました。いつでも全力で、だと最後までもちませんからね。日本はよく耐えたけど最後の10分は完全に思うように動けていなかったし。そういう力を日本が付ければ、格上との試合もより面白くなるんじゃないかと思ってます。
第3戦も期待しましょう。それでは

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です