コパアメリカ決勝、3決

コパアメリカすべて終了し、ブラジルの優勝が決まりました。ただただ、ブラジルが強かった。それしかないです。
決勝はやはりブラジルペースの試合に。先制点を取った後、見るのやめようかとも思いましたが、チアゴシウバのハンドでペルーがPKゲット。ここで同点に追いつき、試合は分からなくなりました。と思いきや、すぐにガブリエルジェズスで逆転。前半のうちに逆転してしまったことでペルーはノーチャンスかなと思ってしまいました。後半はジェズスが退場するハプニングもありましたが、ブラジル追加点を取って終了。完璧な強さを見せて今大会を終えました。
大会を通じて失点はわずか1。2006のイタリア代表のような硬い守備です。カゼミーロ、チアゴシウバ、マルキーニョス、さらにキーパーはアリソン。メンツだけ見てもすごいですが、チーム的に統一された守備ができていた印象。このままチッチ監督が続けてくれれば、来年もコパアメリカ優勝はかなり可能性高いと思います。ただ一つ心配なのは、ディフェンスラインの高齢化。特にサイドバックはかなり。センターバックもチアゴシウバやミランダはそろそろ厳しくなってくるだろうし、守備陣の世代交代をしなければ次のワールドカップは厳しいだろうなと思います。攻撃陣は良い感じに若くなってきているので守備陣に期待しています。

3位決定戦は何ともつまらない試合になってしまいました。というのも主審が試合を壊すという、本当にやってはいけないことをやってしまった試合だったからです。それはメデルとメッシの退場。ライン際で小競り合いをした両者にレッドカード。絶対にイエローで良かったと思ったのは私だけではないはず。あれから10人同士の試合になり、荒れた感じで試合が進みました。期待していたコパアメリカの激しさとは違ったゲームでした。序盤はディバラ調子良いなーと思って楽しく見ていただけに、なかなか残念でした。

結果は 優勝ブラジル 2位ペルー 3位アルゼンチン
大会前の予想はかなり外れましたね(笑)ペルーの決勝進出とか誰が予想したって感じだし、ウルグアイやコロンビアがあんなに早く散るとは、、、かなり予想外の連続でしたが、それも含め面白かったコパアメリカ。次回大会はなんと来年というスパンの短さ。正直ありがたいです。大会を掻き回してくれる、今大会のペルー的なチームを期待しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です