コパアメリカ 開幕戦

コパアメリカ開幕戦。

先日の述べたように弱い国が強い国にどう戦うか、その手本を見せてくれるのがコパアメリカだと思っています。今日はブラジルVSボリビアまさしく強い国対弱い国。ボリビアには失礼ですが。ブラジルは前線が少し若返り、楽しみな若手がたくさん出てきました。今日の先発でいうとアヤックスのネレス、エヴァートンのリシャルソン。ネイマールが欠場なだけにこの両ウイングが鍵かなーと思います。前線は若いんですが心配なのはDFライン。チアゴシウヴァに替わるセンターバックの出現に期待したいです。
予想通りブラジルが攻めてボリビアが守る展開。ただ前半はコーナーキックからのチアゴシウヴァ、フィルミーノ、これしか攻め手がなかったように思えます。ボリビアは中盤からのプレスがとても強く、守備の連動が上手くできていたと思います。守って何とか勝ち点1を取る、というのがチームの中で徹底されていました。それに対してブラジルは効果的な縦パスを入れることができず危険なエリアに上手くボールを運べていませんでした。セットプレーで怖い場面はありましたが、何ともブラジルらしさのない前半でした。やはりネイマール欠場が響いているのか。結局0-0のまま前半終了。やや守りつかれているのかなとも思えたボリビア。個人的に思うのは、守りのチームに欠かせないのは強力なセンターフォワードだってこと。少しでも前線でキープができると守備陣の疲れはかなり軽減できますからね。今日のボリビアのFWは少し力不足かなと思いました。とはいえボリビアの狙い通りの前半だった印象。
後半スタート。メンバーチェンジは無し。後半立ち上がりは前半と同じリズムで、正直このまま0-0で終わることができるのかも、と期待しました。しかし何が起こるかわからないのがサッカーの面白いところです。後半始まってすぐに、ボリビアがPA内でハンド。今大会から導入されたVARで確認の後PK確定でした。正直コパアメリカの良さを消してしまう可能性が高いVARは導入しないでほしい。このPKをコウチーニョが決めて1-0。これで終わったなと思いました。0-0のまま後10分耐えれば、そのまま終われたように思いました。今日のボリビアは攻撃力に関してはほぼゼロだったので。その後すぐにコウチーニョが追加点。ここで見るのやめました。今日は南米らしい汚さや体の強さとかをあまり見ることはできませんでした。ブラジルにとっては消耗せずに勝ち点3を取れて最高の開幕戦だったのではないかと思います。あとは若手のテストでもしてくれれば良いかな。

明日も試合がありますね。今日は正直期待してたのとは違う試合でしたが、明日は南米らしさ期待しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です