アルゼンチンVSパラグアイ

旅から帰ってきました。コパを見れなかったのは残念ですが、今日からはじっくり見ていきます。今日の朝はアルゼンチンVSパラグアイを見ました。
前節コロンビアに負けてしまい、絶対に勝ちたいアルゼンチン。一方パラグアイもカタールに引き分けてしまい、次節はコロンビア。絶対に負けられない。
とてつもなく激しい試合になるんじゃないかと予想しました。基本はアルゼンチンがボールを持ってパラグアイはカウンター狙い。パラグアイの堅守を崩せるか、攻撃陣は調子を戻せるか。

試合は序盤からアルゼンチンがボールを回すものの、危険なエリアには入っていけない、パラグアイのやりたい展開に持っていかれていたと思います。アルゼンチンはラウタロがメッシと全然合わない印象でした。パラグアイの先制点のところもまさしく狙い通りな感じです。アルミロンの長いドリブルからクロスに合わせてゴール。この試合でパラグアイが徹底していたのは攻撃人数の制限かなと思います。特に先制してからは相手にカウンターをさせないように、攻撃にかける人数をできるだけ少なくしていたように見えました。そして1-0のまま試合を終えるというのがパラグアイのプランだったはずです。だからこそ前線のサンタンデールがより長くボールをキープすることがパラグアイにとっては重要だったのかなと思いました。守るチームにとってできるだけ守備の時間を減らすためには少しでも長くボールが持てるFWは必要ですよね。
前半は完全にパラグアイの試合でした。途中のアルゼンチンのキーパーのファールで退場にならなかったことはアルゼンチンにとってかなりラッキーだったと思います。アルゼンチンは後半開始からアグエロを投入し3トップに。前線の枚数を増やしてきました。すると開始早々アグエロが見せました。ロングボールをトラップして入れ替わると、ラウタロに渡してシュート。DFの手に当たりハンドでPK。ラッキーもありましたがアグエロを入れたことでアルゼンチンの攻撃にスイッチが入ったのは明らかでした。PKを決め同点にしてからもしばらくアルゼンチンの時間が続きました。
個人的にアルゼンチンの勢いがまた下がったのはディ・マリア投入あたりかなと思います。完全にコンディションが悪いディ・マリアを使わなきゃいけない理由があるのか不思議に思えたほどです。なんでディバラ使わないんだろう。。。その後オタメンディのPA内のファールでパラグアイのPKがあったが決められず。あの瞬間はアルゼンチンにもう一度流れが行くのかとも思いましたが、結局最後まで攻撃のスイッチは入らず。アルゼンチンが良かったのは後半最初の10分くらいでしたかね。

アルゼンチンは勝ち点1で最終節を迎えます。カタールも意外と良いチームなのでもしかしたら敗退もありえますね。パラグアイは首位通過が決まっているコロンビアとの対戦なので引き分け以上は行けるかなという予想。そうなるとアルゼンチンの状況はかなりまずいですね。なんかチームの雰囲気も良くないように思えますね。
最終節、楽しみです。

明日は日本ですね。初戦はまさしく南米らしさにやられた感じでしたが、次も南米らしいチームのウルグアイ。久保君に期待しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です